災害時の際はDisaster

ヒーロー

災害時の対策は…

  • 地震のときは

    地震のときは

    揺れがおさまってから、ガス栓・器具栓を閉め(火をすべて消し)、揺れが大きかった時は、野外の容器バルブも閉めてください。

  • 火災のときは

    火災のときは

    容器バルブを閉め、消防署または消火にあたる人に容器の位置を知らせ、後の処理を頼んでください。

  • 台風・洪水の恐れがあるときは

    台風・洪水の恐れがあるときは

    容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。

  • 容器バルブの閉め方

    容器バルブの閉め方

    災害のときに容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右に回すと閉まります。

ご注意ください

上記のLPガス取扱い方法は、あくまでお客さまご自身の安全が確保された上での対処方法となります。安全が確保できない場合は直ちに避難されて当社までご連絡ください。

※電気のブレーカーも落としてください。
※異常があった場合は至急、当社へ氏名・住所・状況などをお知らせください。
※再びガスをお使いになる際は、必ず当社の点検を受けてからお使いください

避難するとき

避難するとき

余震などによる災害を防止するために、容器のバルブ、メーターガス栓、器具のガス栓を閉めてから避難してください。容器のバルブは、時計廻りに右回転で閉めることができます。

安全が確保できたら

  • ガス器具の栓と元栓を閉めてください

    まず、ガス器具の栓と元栓を閉めてください。

  • メーターを復帰

    外に出てメーターを復帰します。メーターの復帰ボタンを押して、『ガス止め』が消えるのを確認してください。

  • 液晶の文字とランプが点滅

    液晶の文字とランプが点滅したら、そのまま待ちます。

  • ガスメーターが復帰

    1分間待つとガスメーターが復帰して、ガスを使用することができます。
    ※1分間待っても再度『ガス止め』と出た場合は、すぐに当社にご連絡ください。

ご質問・ご相談はお気軽にお電話ください!
(受付時間 10:00〜17:00)

このページの先頭へ